業腹 ごうはら

たいへん腹が立つこと。しゃくにさわること。また、そのさま。

業腹の由来・語源

「業」は仏教からきた語で、人間の煩悩に基づく行為、とくに悪行をさすことが多い。「業を煮やす」など、心の中で怒りが煮えたぎりわきたつときに「業」という語によって表現される。「業腹」も、腹の中で業が煮立ったりわき上がったりしている心理状態で、激しい怒りを表す。
カテゴリ:人間