桑原桑原 くわばらくわばら

落雷を防ぐために唱えるまじないの言葉。のちに、嫌なことや災難を避けるための呪文となった。

桑原桑原の由来・語源

一説に、菅原道真が太宰府に流されたのち、各地で落雷があったが、彼の領地である桑原には一度も雷が落ちなかったという伝説からとされる。
また、和泉国で雷神が井戸に落ちた時、ふたをして天に帰さなかったところ、自分は桑の木が嫌いなので桑原と唱えたら二度と落ちないと誓ったという説話もある。
カテゴリ:人間