札付き ふだつき

世間で悪いという定評があること。また、その人のこと。

札付きの由来・語源

もとは、商品に正札が付いていることで、それが転じて、人の評価に用いるようになったもの。
江戸時代から用いられ、本来は良い意味であったものが、多くは悪い評判が立っている人を指していうようになった。
カテゴリ:社会