断腸 だんちょう

はらわたを断ち切ること。はらわたがちぎれるほど、つらく悲しいこと。断腸の思い。

断腸の由来・語源

中国、東晋の武将、桓温(かんおん)が長江の三峡を旅しているとき、従者が猿の子を捕まえた。その母猿は百里あまり岸伝いについてきて、ようやく船に飛び移ることができたが、そのまま息絶えた。その腹を裂いてみると、腸がずたずたに断ち切れていたという『世説新語』にある故事にちなむ。
カテゴリ:文化