数の子 かずのこ

ニシンの卵巣を乾燥させたり、塩漬けにしたりしたもの。

数の子の由来・語源

ニシンは東北の方言で「かど」といい、その子の意で「かどのこ」といったが、卵の数が多いことから、室町時代には子孫繁栄の意味で「数の子」と呼ばれるようになった。江戸時代になって正月の祝い肴として普及した。

数の子に関連する言葉

カテゴリ:食べ物