悪事千里を走る あくじせんりをはしる

悪い行為や評判は、すぐに遠くまで知れわたるということ。

悪事千里を走るの由来・語源

悪い行いは、たちまちの間に世間に知れ渡るということ。 そのことから、世間では善事よりも悪事の方が広まりやすいので、注意せよとの教え。「千里」は遥か彼方の意。
出典は、中国の『北夢瑣言(ほくむさげん)』で、「好事門を出でず、悪事千里を行く」とあるのに基づく。
カテゴリ:社会