御曹司 おんぞうし

名門の家の子息のこと。

御曹司の由来・語源

「曹司」は部屋の意味で、もとは、貴族や上流階級の部屋住みの子息に対して、敬意を表す「御」をつけて「御曹司」と呼んだ。
部屋住みとは、家督を相続する前の嫡子、または次男以下で独立できずにとどまる者のこと。古く源平の時代には、平家の子息を公達(きんだち)、源氏の子息を御曹司と呼び、とくに源義経を指していった。
子息の意味で、「司」に「子」を当てて、「御曹子」とも書く。

御曹司に関連する言葉

カテゴリ:人間