後生畏るべし こうせいおそるべし

自分より後から生まれてくるものは、年が若く気力もあり、将来への可能性をもっているから、畏敬すべきであるという戒め。

後生畏るべしの由来・語源

「後生」とは、自分より後に生まれてくる者の意。
出典は『論語』の「後生畏る可(べ)し、焉(いずく)んぞ来者の今に如(し)かざるを知らんや」(若い人たちは畏るべきものである。これからの人が、今の我々に及ばないということが、どうして言えようか)による。
カテゴリ:社会