往生 おうじょう

現世が終わり、極楽浄土に往って生まれ変わること。また、死ぬこと、難儀すること、閉口することもいう。

往生の由来・語源

元来は仏教語で、他の世界に往きて生まれ、生まれ変わることの意だが、平安以降、浄土思想の発展で「極楽往生」の意として用いられるようになった。死ぬことの意はそれの転じたもの。そこからさらに意味が転じて、難儀する、閉口するの意も生まれた。
カテゴリ:社会