彼岸 ひがん

先祖の霊を祭る、春分の日と秋分の日をそれぞれ中日とする各7日間のこと。

彼岸の由来・語源

サンスクリット語pāramitāの漢訳「到彼岸(とうひがん)」の略語で、仏教語。
本来は、迷い煩悩に苦しむ生存の此方の岸「此岸(しがん)」から、修行によってそれを渡りきった悟りの彼方の岸「彼岸(ひがん)」にいたることの意。
春分・秋分には、太陽は真東から出て真西に沈むので、その日没のところに西方にある極楽浄土を想い、極楽に生まれることを願ったものが彼岸のはじまりとされる。
カテゴリ:行事・風習