市松模様 いちまつもよう

白と黒の正方形を互い違いに並べた模様のこと。

市松模様の由来・語源

江戸時代の歌舞伎役者、佐野川市松がこの模様の裃(かみしも)をきたことから広まったとされる。
衣装を着せて遊ぶ抱き人形の「市松人形」も、子役当時の市松がモデルといわれている。

市松模様に関連する言葉

カテゴリ:生活