左団扇 ひだりうちわ

ゆったりとして気楽なさま。生活の心配がなく、楽に暮らすこと。「左扇(ひだりおうぎ)」とも。

左団扇の由来・語源

左手は多くの人にとって利き腕ではないが、その左手でうちわや扇をゆっくり使うことから、ゆったりしていることの意をいうようになったもの。
ゆったりしているの意が転じて、「左うちわで暮らす」のような用法として使われるようになり、安楽に暮らすという意になった。
カテゴリ:様相