小松菜 こまつな

アラブナ科の一年草。野菜として栽培され、葉を汁の実・漬け物・浸し物などにする。

小松菜の由来・語源

アラブナの変種で、江戸時代初期に現在の東京都江戸川区小松川付近で、栽培され始めたといわれる。将軍吉宗の鷹狩りの際に献上され、そのときに地名から小松菜の名がつけられたとされる。
カテゴリ:自然