女形 おやま

歌舞伎などで女の役を演じる男の役者。

女形の由来・語源

江戸時代の操り人形芝居の名人に小山次郎三郎という人がいた。たいへん巧みに女の人形を操ったので、次郎三郎の操る女の人形を、その人の名をとって「小山人形」といい、のちに一般の女の人形も「小山人形」というようになった。
それが遊女や美女をさして「おやま」と言うようになり、さらに歌舞伎の女形の役者も「おやま」と呼ぶようになったとされる。
カテゴリ:文化