太鼓判を押す

決して間違いでないことを保証すること。

太鼓判を押すの由来・語源

「太鼓判」とは、太鼓のように大きな判のことで、江戸時代に、品質保証の意味で大きな判が用いられたことによるもの。現在は品物のほか、人物についても用いられる。

太鼓判を押すに関連する言葉

カテゴリ:政治・経済