大風呂敷 おおぶろしき

実現できそうもない大げさな話や計画のこと。「大風呂敷を広げる」などと使う。

大風呂敷の由来・語源

風呂敷とは、もとは風呂の湯上がりに敷いたり体を拭いたりするのに用いたり、脱いだ衣類を包むのに用いられた。
風呂敷は物を包んでいるときは小さいが、広げてみると案外大きい。そこで、何も包むものをもっていないのに外形だけ大きく、大仰なものを大風呂敷といい、さらに大げさなことをいうようになった。

大風呂敷に関連する言葉

カテゴリ:社会