大学ノート

多目的な利用を想定した筆記用の帳面。

大学ノートの由来・語源

1884年(明治17年)、東京大学の前にあった文房具「松屋」が留学帰りの教授に勧められて学生用に売りだしたのが始まりとされる。庶民にはあまりに高価で帝大生ほど学問が出来なくては使えないということで次第に大学ノートと呼ばれるようになったと言われている。

大学ノートに関連する言葉

カテゴリ:生活