壟断 ろうだん

利益や権利を独占すること。

壟断の由来・語源

「壟」は小高い丘、「断」は切り立った崖のこと。
出典は『孟子』で、古代中国の市場は露天で物々交換を行っていたが、欲深い男が市場を見渡せる丘に登って、もうかりそうな相手を見つけては、利益を独占したという故事に基づく。
中国では独占禁止法のことを「反壟断法」という。
カテゴリ:社会