四つに組む よつにくむ

互いに正面からぶつかり合って、互角に争うこと。また、物事に全力で取り組むこと。

四つに組むの由来・語源

「四つ」とは、相撲で双方が両手を差し合って組み合うこと。そうなると、がっぷりと組み合うことになり、それが転じて、正々堂々と渡り合うという意味で用いられるようになった。

四つに組むに関連する言葉

カテゴリ:スポーツ