咄嗟 とっさ

あっという間。ごくわずかな時間。瞬間。

咄嗟の由来・語源

もともとは中国語から。
「咄」は、日本では「はなし」と読んで落語のことをさしたりするが、本来は舌打ちをすることや、舌打ちの音を意味する。「嗟」は中国人が感動したときに発する舌打ちの擬音語。
つまり、「咄」も「嗟」一瞬の行為であることから、きわめて短い時間を「咄嗟」という。
カテゴリ:社会