合点 がてん

相手の言うことに納得したり、了解したりすること。「がってん」とも。

合点の由来・語源

もとは、和歌や恋歌、俳諧などを批評するときに、良いと思うものの頭に印をつけること、またその印のことを「合点(がってん)」といい、そこから出た言葉。
また、回状などを見終わり、承知したという意味で自分の名前の上に付けたカギ型の印のこともいった。
カテゴリ:文化