印税 いんぜい

著者または著作者がその作品の使用料として出版社などから受けとる金銭のこと。

印税の由来・語源

英語stamp dutyの訳語である「印紙税」の略語として使われたのが、この語の始まりとされる。それが転用されて、著作権の使用料を意味するロイヤリティー(royalty)を表す語として用いられるようになった。
カテゴリ:政治・経済