単刀直入 たんとうちょくにゅう

まわりくどいことはいわずに、いきなり本題に入ること。

単刀直入の由来・語源

もとは、一振りの刀を持ち、1人で敵陣に斬り込むこと。
出典は、中国・宋の時代に禅者の問答を集大成した『景徳伝灯録(けいとくでんとうろく)』の「単刀直入すれば、即(すなわ)ち凡聖ことごとく真を表す」による。
「短刀直入」と書くのは誤り。
カテゴリ:四字熟語