勉強 べんきょう

学問や技術などを学ぶこと。将来に役立つ経験。商品の値段を安くすること。

勉強の由来・語源

勉強とは、「勉め、強いる」ことであるから、本来は気の進まないことを無理にする意であった。江戸時代には商人が頑張って値段をまける意で使われていた。
明治以降になると、知識を獲得するために努力を重ね、学問することが美徳とされるようになると、「勉強」は「学習」と同じ意味になり、一般にも広く使われるようになった。
カテゴリ:社会