八面六臂 はちめんろっぴ

多方面にわたり、めざましい活躍をすること。一人で何人分もの大活躍をすること。

八面六臂の由来・語源

「面」は顔で、「臂」は肘(ひじ)の意。「八面六臂」とは八つの顔と六本の腕をもつ仏像で、多方面でめざましい力を発揮することのたとえで用いられるようになった。
同様の意味で「三面六臂」ともいい、三つの顔と六つのひじをもつ仏像として、阿修羅像が知られる。
カテゴリ:四字熟語