佃煮 つくだに

小魚・貝・昆布などを醤油・みりんなどで味濃く煮たもの。

佃煮の由来・語源

江戸時代に佃島(つくだじま)の漁師が将軍家に献上した残りの雑魚を味濃く煮て、自家用の保存食としたのが始まり。
佃島の名は、住人が江戸幕府の命で摂津国佃村(現大阪府)から移住してきたことにちなむ。

佃煮に関連する言葉

カテゴリ:食べ物