他力本願 たりきほんがん

もっぱら他人の力をあてにすること。

他力本願の由来・語源

本来は仏教語。「他力」は仏・菩薩の加護の力、「本願」は仏が過去において立てた衆生救済の誓願のこと。浄土真宗では、阿弥陀仏の衆生を救おうという強い願いの働きを「他力本願」といい、また、衆生がそれにならって成仏を願うこともいう。
カテゴリ:四字熟語