二の句が継げない

あきれはてて、次の言葉がでないこと。

二の句が継げないの由来・語源

「二の句」は、雅楽の朗詠で、詩句を3段に分けて詠うときの2段目の句のこと。1段目は一の句、3段目は三の句といい、各句ごとに独唱してから続けて合唱に入る。
二の句は高音のため、そのまま合唱を続けるのは容易ではないことから「二の句が継げない」と用いられるようになり、それから転じて、次の言葉がでない意味となった。
カテゴリ:音楽