不束 ふつつか

行きとどかないさま。ぶしつけなこと。

不束の由来・語源

「ふとつか(太束)」が転じたものとされる。古くは単に太くて丈夫なさまの意で、非難の意は含まれていなかった。平安時代ごろから、「ふつつか」は情趣に欠け、野暮くさいの意を含むようになった。中世以降は、風情のなさや無風流なさまが意味の中核になり、近世に、不調法なさまの意に変化していった。
カテゴリ:様相