三行半 みくだりはん

離縁、離婚すること。

三行半の由来・語源

江戸時代に、夫から妻に対する絶縁状が三行半で書かれていたことからいうもの。当時は離縁は夫から一方的になされ、文面は今後どこに嫁ごうとも一切関知しない旨などが書かれていた。
カテゴリ:社会