七輪 しちりん

木炭や豆炭を燃料に使用する調理用の炉。「七厘」とも書く。関西ではかんてきとも。

七輪の由来・語源

煮炊きをするのに木炭が七厘分あれば間に合ったことからいうようになったとされる。「厘」は「銭」の下の貨幣単位で一銭の1/10。
「輪」と書くのは炉の形状からの当て字。

七輪に関連する言葉

カテゴリ:生活