一枚看板 いちまいかんばん

一座の代表的な役者のこと。また、多くの人の中で中心となる人物のこと。

一枚看板の由来・語源

本来は、上方歌舞伎で、勘亭流(かんていりゅう)で外題(げだい)を書き、その上に主要な役者の姿絵を描いた、一枚の大きな飾り看板のこと。転じて、その一枚看板に描かれる役者のことをいうようになり、さらに、一般に、大勢の仲間のうちでの中心人物を意味するようになった。
また、たった一枚きりの衣装、一張羅の意味でも用いられる。

一枚看板に関連する言葉

カテゴリ:文化