一本槍 いっぽんやり

たった一つの方法や手段。また、それで押し通してしまうこと。

一本槍の由来・語源

もとは、1本の槍のことで、戦場で槍のただ一突きで勝負を決めることをいい、江戸時代の軍学書『甲陽軍鑑』にもこの言葉がみられる。それが転じて、ただ一つしかない集団、得意技の意味となり、さらに、一つの手段で押し通す、我意を押し通す意味へと展開した。
カテゴリ:社会