ワクチン

人やその他の動物の感染病の予防に用いる免疫原。毒性を無くすか、あるいは弱めた病原体から作られ、弱い病原体を注入することで体内に抗体を作り、感染症にかかりにくくすることができる。

ワクチンの由来・語源

ワクチンの語源は雌牛を意味するラテン語Vacca。
1798年に、イギリス医師ジェンナーが牛痘(ぎゅうとう)ウィルスを人に接種することで天然痘が予防できることを発見したことに由来する。

近年は、コンピューターウィルスに対する駆除ソフトもワクチンと呼ばれる。

ワクチンに関連する言葉

カテゴリ:カタカナ語