レントゲン

X線(レントゲン線)。またはそれを利用して撮影されたレントゲン写真のこと。放射線の強さの単位も表す。

レントゲンの由来・語源

X線を発見したドイツの物理学者ヴィルヘルム・コンラート・レントゲン(Wilhelm Conrad Röntgen)の名に由来する。
X線を通しやすい物質と通しにくい物質があることを利用して映像をとり、物体内の状態を探知するのに用いる。
カテゴリ:カタカナ語