ピーマン

ナス科の一年草、およびその果実。辛味のないトウガラシで、普通は緑色の未熟果をさす。成熟すると一般的なものは赤色のほか黄色、橙色に変わるものもある。

ピーマンの由来・語源

語源はフランス語のピメント(piment)であるが、pimentはフランスではトウガラシのことをいい、それが日本に入ってきたときに、意味がずれて現在のものになった。
ピーマンはフランス語ではポワヴロン(poivron)、英語ではグリーンペッパー(Green Pepper)という。
カテゴリ:自然