ハヤシライス

牛肉と玉ねぎをバターで炒め、赤ワインとドミグラスソースで煮込んだものをご飯の上にかけた料理。

ハヤシライスの由来・語源

語源については諸説あり、ハッシュドビーフ・ウィズ・ライス(Hashed beef with Rice)が「ハッシ・ライス」となり、それが訛って「ハヤシライス」となったとする説。
また、丸善の創業者の早矢仕有的(はやしゆうてき)が訪れた友人に有り合わせの肉や野菜を煮込んでご飯を添えて出したことに由来するとする説もある。
他に、洋食屋の店長の林がビーフシチュー(ハッシュドビーフ)とご飯を混ぜた賄い料理が起源とする説や、明治の日清戦争後に開けた大陸航路の港、門司港の栄町商店街にある大衆レストランが、船に乗る急ぎの客用にケチャップベースの「早いライス」、すなわちハヤシライスとして呼ばれたからという説などもある。
カテゴリ:食べ物