カレー

インド原産の混合香辛料。ウコン・コリアンダー・クミン・唐辛子など何種類もの香辛料を配合して作る。また、それを用いて作った料理。特にカレーライスのこと。

カレーの由来・語源

カレー(Curry)の語源としては、各種スパイスで具材を煮込んだ汁状のもの、即ちインドのタミル語のソースの意のカリ(Kari)から転じたという説や「香り高いもの」、「美味しいもの」という意味で使われるヒンズー語の「ターカリー」(Turcarri)から「ターリ」(Turri)に転じ、英名になったという説などがある。
いずれにしても、インドを中心とした熱帯、亜熱帯地方でのスパイシーな料理を総称して英語で「カレー」と呼ぶようになったもの。

ちなみに明治・大正時代は「ライスカレー」で呼ばれることが多く、「カレーライス」の形が一般化するのは戦後のこと。英語ではcurry and riceやcurried rice、curry width riceのようにいう。
カテゴリ:食べ物