イクラ

サケやマスの成熟卵を塩漬けにした食品。卵巣から一粒ずつほぐしたものをいい、そのままのものは筋子(すじこ)という。

イクラの由来・語源

イクラの語源は、ロシア語で「魚卵」「小さくて粒々したもの」という意味。
1905年、日露戦争に出兵したロシア人がキャビアの代用品として食べたのが始まりとされる。昭和初期、日本でキャビアとして売られていたのはイクラであった。

イクラに関連する言葉

カテゴリ:食べ物