てるてる坊主 てるてるぼうず

晴れることを祈って、軒下などにつるす紙や布でつくった人形。天気になれば、墨で瞳を入れたり、また神酒 (みき) を供えて川に流したりする。

てるてる坊主の由来・語源

中国では雨が続くと白い紙で頭をつくり、赤い紙の服を着せて、ほうきを持たせた人形を、軒下につるして晴天を祈る風習があった。それが江戸時代に日本に伝わり、当初は「てるてる法師」と呼ばれていたのが、「てるてる坊主」になったという。
カテゴリ:行事・風習