すし詰め すしづめ

電車や教室などある仕切られた空間に、入りきれないほどの人がいるさま。

すし詰めの由来・語源

「鮨(すし)」を折り箱に詰める場合、すきまなくびっしりと並べられる。そのように、人や物が少しのすきまもなくいっぱいに詰まっていることを、比喩的に表現した言葉。

すし詰めに関連する言葉

カテゴリ:様相