しおり

読みかけの本に挟んで、目印にするもの。

しおりの由来・語源

昔、山道などで、木の枝を折って道しるべにすることを「枝折り(しおり)」といい、そこから転じた言葉で、近世半ばから用いられる。「栞」は同義の漢語からの当て字。

しおりに関連する言葉

カテゴリ:文化