おみくじ

神仏に祈願して、事の吉凶を占うための籤(くじ)。文字や符号などを印した紙片・こより・木片などを、各自が引く。御御籤。御神籤。

おみくじの由来・語源

「お」と「み」は接頭語。
「籤」は、多人数の間で当落・勝負・順番などを決めるためのものだが、「くし(串)」の義からという説、物を突き入れてえぐって中から物を抜き取る意の「くじる(抉る)」からいう説、訴訟およびその審理・裁判の意の「くじ(公事)」からという説などがある。
カテゴリ:行事・風習