おつむ

あたま。主に幼児に対して用いる。また、「おつむがいい」など知能のこともいう。

おつむの由来・語源

「おつむり」を略したもので、もとは宮中の女官が用いた女房詞。頭の意の「つむり」に接頭語の「お」がついたもの。
「つむり」は古くは「つぶり」といった。「つぶり」は、丸くて小さいものの意の「つぶ(粒)」と同源とされ、丸いものをいう語であったが、頭の意にも用いられるようになったもの。
カテゴリ:人間