おこわ

もち米を蒸した米飯のこと。

おこわの由来・語源

もともとは女房詞であり、強飯(こわめし)ともいう。
歯ごたえがある飯の意の「強飯」の「こわ」に接頭語の「お」が付いたもの。
特に小豆を入れて蒸した赤飯を指していうことがあるが、山菜を入れた「山菜おこわ」などもある。
女房詞 (にょうぼうことば)とは、室町時代ごろから宮中で女官が用いた独特の言葉。一種の隠語のようなもので、今日にも多くの言葉が伝わる。語頭に「お」を付けて丁寧さをあらわすものや、語の最後に「もじ」を付けて婉曲的に表現する文字詞などがある。

おこわに関連する言葉

カテゴリ:食べ物