麻疹 はしか

ウイルス感染症の一種で、麻疹ウイルスによる急性熱性発疹性疾患。日本では五類感染症の一つに指定されている。

麻疹の由来・語源

語源は一説に、イネやムギなどの穂先の針状の部分「芒(のぎ」のことを古くは「はしか」といい、芒に触れたように赤い発疹がでることからとされる。
また、室町時代には「赤瘢(赤い跡の意)」と書く例も見られ、発疹の先端が赤い、「はしあか」の意ともいわれている。
「麻疹」と書くのは漢語からで、医学用語では「ましん」と読む。

麻疹に関連する言葉

カテゴリ:生活