鳴り物入り なりものいり

はでに騒ぎ立てること。

鳴り物入りの由来・語源

「鳴り物」は邦楽で楽器の総称。歌舞伎では三味線以外の楽器のことをいい、太鼓や鉦(かね)、笛などの鳴り物を演奏してはやし立て、にぎやかな場面を演出したことから、景気をつけたり、大げさにふれまわったりする意に転じていったもの。

鳴り物入りに関連する言葉

カテゴリ:音楽