鳥肌が立つ とりはだがたつ

驚きや恐怖などで、ぞっとすること。

鳥肌が立つの由来・語源

「鳥肌」は鶏の毛をむしったあとのように、皮膚にぶつぶつができる現象で、寒さや恐怖などを感じたときに立毛筋が反射的に怒る現象からたとえていうもの。
近年では、感動したときに使うことが多くなっている。
カテゴリ:人間