鯖を読む さばをよむ

自分の都合のいいように、数や年齢をごまかすこと。鯖読み。

鯖を読むの由来・語源

鯖は痛みが早い魚で、魚市場では急いで数えるが、そのとき数をごまかしたことからといわれている。
語源は他にも、鯖を背開きにした干物を二尾重ねて串にさしたものを一刺しと数え、その数が実際の数とあわないことからとも、「さば」は「生飯(さば)」のことで、鮨屋では鮨を握るたびに飯粒を印につけておいて、勘定のときにそれより多めに制球したことからともいわれている。
カテゴリ:人間