馬鹿 ばか

愚かなこと。また、そういう人。

馬鹿の由来・語源

語源は、サンスクリット語で「痴、愚か」を意味するmoha、または「無知」を意味するmahailakaからといわれており、僧侶が隠語として用いていたものが、やがて一般にも広まったとされる。
「馬鹿」と書くのは当て字で、他にも漢字では莫迦、馬稼、破家、跛家とも書く。また、平仮名や片仮名でばか・バカと表記する場合もある。
サンスクリット語 古代から中世にかけて、インド亜大陸や東南アジアにおいて用いられていた言語。古代インドの標準文章。梵語(ぼんご)。
カテゴリ:文化